ホーム > コンサルタントコラム一覧 > コンサルタントコラム

コンサルタントコラム

ベレフェクト所属コンサルタントによるコラムです。

トップの「理念経営意識」が人財育成のカギ!

鈴木誠一郎

これまで数多くの企業の業務・組織改善やトレーニングに携わらせていただいた中で、
その効果を最も高めている企業の特徴を捉えてみると、十中八九「経営トップの
言葉と同じ言葉を社員がしっかりと語ることができる」ということが挙げられます。


企業は、会社組織であれば会社法によって「法人格」を与えられます。
(私たち人間は、会社法上「自然人」として法人と区別されます)
人格を与えられる以上、構成する社員が「会社としての性格や向かう方向」において
バラバラであって良いはずがありません。
法人であれ、ひとつの目的に向かって活動を行うべきなのです。

そのためにはやはり「人財育成」が欠かせません。
如何に「トップと同じ想いで、同じ言葉を出せる社員」をどれだけ育成するかがカギなのです。

トップの意思を伝えるためには、部下社員に対して単に言葉を吐けば良いというものでは
ありません。
それで上手くいくのであれば、社長が直接全社員にメールで指示をすることで間に合います。
人数が増えれば、そうではない複雑な指揮命令系統のもとで「理念浸透」を図る必要が
あるのです。
社長が、理念を中心として、方針や施策をしっかりと全ての社員に浸透させることができれば
社員はひとつの目的に対してまっすぐに進むことができるでしょう。
その理念浸透が図れていることが、社内の意識統一化を可能にし、ひいては業績向上を可能にする
のだと考えます。

また、社内教育においても「何のためにこの研修をやるのか?」などの答えが明確になるため、
その効果が出やすくなるはずです。
流行りのコミュニケーションテクニックなども大切ですが、それは、理念浸透ができているからこそ
はっきりと活きるのだと考えます。

「理念経営」。それは日本企業の最も得意とする分野の経営手法ではないかと思います。
欧米の合理的経営手法は、グローバル化に向けて必要なところです。
しかし、今こそ温故知新。トップが魂を込めた経営にチカラを注ぎ、そこに集まる人財に
想いを伝え、それを日々の現場活動に十分に反映させるよう仕向けることができれば、人財育成の大半は
実現できたと言えるのではないでしょうか。


私は、「トップの理念浸透」が究極の企業教育手法のひとつだと信じてやみません。

ページの先頭へ戻る

a-blog