ホーム > コンサルタントコラム一覧 > コンサルタントコラム

コンサルタントコラム

ベレフェクト所属コンサルタントによるコラムです。

「人材育成は経営者の仕事」である

鈴木誠一郎

経営者の皆様には、まさに「釈迦に説法」という内容かと思いますが、敢えて書いてみます。

弊社の事業コンセプトに「VISION主義」という言葉があります。
「経営者の視点で、経営者の意図する人材を育てる一助となる」という意味が含まれています。

ここでは「人材の育成はそもそも何の為に行うのか?」という問いから始めることが大切なのかも知れません。
「雇った人に仕事ができるようになってもらい、目標通りの売上を上げてもらう。」
言葉で書くと単純至極な内容です。
しかしこれが人材育成の大目的だと考えます。
「業績向上に貢献できる人材を如何に育てるか」というところに主眼を置いた育成ができるかどうかがポイントです。
特に営業職の育成になると、彼らは会社の「顔」としての存在であり、直接売上を上げる人材になるため、その育成にはどの経営者もチカラを入れておられます。

しかし残念なことに、その大事な社員の育成を担当者に任せきりにしてしまう経営者の方もおられます。
もちろん、経営者の意図が担当者にしっかりと伝わり、その通りに育てばよいのですが、企業規模が大きくなればなるほど、担当者は「受講者が満足すること」にポイントを置きがちとなる事実もあります。
これは必ずしも担当者が怠慢を働いているのではなく、人事評価・異動・採用などの業務に忙殺され、手が回らないという現状があるのです。

経営者の皆様は、企業経営の肝である人材育成に対し、今一度自社の施策がご自身が意図した通りに為されているかの確認をされ、同時に教育担当者が業務過多になっていないかの確認をされては如何でしょうか?

ページの先頭へ戻る

a-blog